求めているデザイン

コンテンツマネジメントシステム・cms導入のことを多くの企業のみなさんが考えているのではないでしょうか。その時出来るだけハイクオリティーなものをと考えるのかもしれません。コンテンツマネジメントシステムは企業にとってとても大事なキーワードであり、コンテンツマネジメントシステム・cms導入によって、 ECサイトSNSのサイト構築にも頻繁に利用されるようになって来ました。

中でも多くの企業のみなさんが注目してるいものは、WordPressではないでしょうか。WordPressには、 とても判りやすいUI(ユーザーインターフェイス)とオープンソースがあります。企業の人たちとって使いやすい、判りやすいということはとても大事なことであり、判りやすいから多くの企業が、膨大なプラグインで繋がることが出来るのです。

このようにして、WordPressは、現代社会において当たり前のキーワードと化そうとしています。もちろんWordPressのことをそれ程知らないという時代も過去にはあったのです。WordPressを使用して私達企業は、常にお客様のことを考え、Webサイトを制作することを考え続けていかなければなりません。企業はユーザーたちの求めているデザインをUI(ユーザーインターフェース)でスピーディーに実現して行くことになります。

どんなWebサイトか

どのようなWebサイトがユーザーの方々に求められているか、時代の流れとともに常に考えていかなければならない問題ではないでしょうか。

以前は限られた領域に対して、どのように要素を盛り込んで行けばいいかという設計が軸になっていました。しかし現在UIパーツの大型化Low Density、Long Pageになりつつある傾向があります。 もともとこのような設定は海外のクリエイティブ系スタートアップ系のWebサイトに対して向けられていたものの、徐々に日本でも大きな広がりを見せるようになって来たのです。

そのような視点で見つめて行けば、他社のWebサイトを比較してみると、密度が高く情報が詰め込まれていてやや古い設計ではないかということを発見出来ることがあります。 ここで考えて欲しいのはトレンドには単に見た目を今風にするということだけでなく、合理的な方向性に向かい、確実にトレンドに従うことがユーザーのニーズに叶っていることだと捉えられることです。

いつも企業はユーザー側に立って使いやすいWebサイトを追求する必要があり、見やすい、わかりやすい、迷わない、更に今は、タッチスクリーンで利用しやすいサイトであることも求められていることではないでしょうか。

UXとUI

企業のみなさんは、コンテンツマネジメントシステム・cms導入とともに、 UIについても考えてみましょう。UIとは、ユーザーインターフェイス(User Interface)の略した言葉です。そこには接点、接触面という意味があり、ユーザーたちが、視界的に捉えることが出来るもの全部はおおかたUI ユーザーインターフェイスと見なすことが出来ます。

企業のみなさんは、しっかりユーザーインターフェイスという概念とも向きあってWebサイトの構築をしなければならないのです。UIが大事だと判れば、企業のみなさんもユーザー・お客様にとって居心地のいいUIを作成しなければならないと感じるのではないでしょうか。

更にユーザーエクスペリエンス(User Experience)を略したものが、UXです「体験、経験」という意味合いがあり、ユーザーエクスペリエンス(User Experience)もUI同様に大事なキーワードです。

どのようなサービスを提供するか質のことをユーザーエクスペリエンス(User Experience)としてもいいです。お客様がサービスを利用して感じることは、ユーザーエクスペリエンス(User Experience)の範疇です。とにかく企業はお客様に良い体験をしてもらうために、UXとUIを重視してアクションを起こしていかなければなりません。

cmsの導入

cmsとはコンテンツマネジメントシステムを略した言葉です。それはWebサイトを管理・更新することができるシステムです。私達がWebサイトの更新に向きあえば、 テキストや画像の情報問題だけでなく、 HTML(ハイパー テキスト マークアップ ラングエジ)やCSS(カスケーディング スタイル シート)などとも必然的に向きあうようになり、いざスタートしようと思っても専門的知識を要求されることになります。

他のページからのリンクを設定するなど作業も多くの人たちがきっと手こずり大変な思いをするでしょうね。しかし、コンテンツマネジメントシステムという方法によって、専門的知識が必要と思われるシーンにおいて、ほとんど既存のシステムがしてくれることで、テキスト・画像など情報の入力がごくごく簡単にWebサイトの構築が出来てしまうのです。

サイトのナビゲーション、新着の情報など、使用している者たちが必要と感じるリンクの更新は、自動的に行われるから、それ程真剣にWebサイトに向きあう必要もなく、企業のみなさんも本来の業務にしっかりと向きあう時間を作ることが出来るでしょう。

もしも、コンテンツマネジメントシステムがないという場合では、Webサイト制作会社に任せるという方法もあるでしょう。制作会社とスクラムを組み本気に調整して行くのも方法として考えることは出来ますが、相当時間もお金もかかると考えてください。コンテンツマネジメントシステムは、誰もが容易に利用することが出来る手っ取り早い戦略なのです。

参考サイト〔http://www.vibitcms.com/
・・・見たまま簡単に作成できる、CMSサービスのサイトです。