どのようなWebサイトがユーザーの方々に求められているか、時代の流れとともに常に考えていかなければならない問題ではないでしょうか。

以前は限られた領域に対して、どのように要素を盛り込んで行けばいいかという設計が軸になっていました。しかし現在UIパーツの大型化Low Density、Long Pageになりつつある傾向があります。 もともとこのような設定は海外のクリエイティブ系スタートアップ系のWebサイトに対して向けられていたものの、徐々に日本でも大きな広がりを見せるようになって来たのです。

そのような視点で見つめて行けば、他社のWebサイトを比較してみると、密度が高く情報が詰め込まれていてやや古い設計ではないかということを発見出来ることがあります。 ここで考えて欲しいのはトレンドには単に見た目を今風にするということだけでなく、合理的な方向性に向かい、確実にトレンドに従うことがユーザーのニーズに叶っていることだと捉えられることです。

いつも企業はユーザー側に立って使いやすいWebサイトを追求する必要があり、見やすい、わかりやすい、迷わない、更に今は、タッチスクリーンで利用しやすいサイトであることも求められていることではないでしょうか。